Skip navigation.
 

”障害者のリハビリテーションに関する調査研究と国際的連携のもとに障害者のリハビリテーション事業を振興することを目的としています。”

 

国際シンボルマークについて

国際シンボルマークは、障害をもつ人々が利用できる建築物や施設であることを示す世界共通のマークです。障害をもつ人々が住みやすいまちづくりを推進することを目的として、1969年に国際リハビリテーション協会(RI)により採択されました。当協会は日本におけるこのマークの使用管理を委ねられており、このマークの正しい理解と普及に努めています。

わが国においては、本協会に管理責任があり、商標登録(第1562455)をしています。
近年、国際シンボルマークの改ざん、趣旨とは異なる使用等が発生しており、障害当事者の方々からの苦情、訴えが相次いでおります。
正しい使用を行うようご理解とご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

よくあるご質問と回答

http://youtu.be/KZD_cQcxP-E

この動画の全文(テキストファイル)は以下のページよりご覧いただけます。
http://www.jsrpd.jp/static/library/symbol01.txt

ご質問の回答と成り立ち

http://youtu.be/0xB71WgSjZo

マスコミでの紹介

(テレビ)UHB北海道文化放送 ユニバーサルデザインキャンペーン番組「石井ちゃんとゆく!」 2007年2月22日(木)オンエア

(記事)ライブドアニュース「障害者が駐車できない(上)」「障害者が駐車できない(下)」2006年10月19日付け