Skip navigation.
 

”障害者のリハビリテーションに関する調査研究と国際的連携のもとに障害者のリハビリテーション事業を振興することを目的としています。”

 

信託によるご寄付

特定寄附信託

特定寄付信託とは

「特定寄附信託」は、2011年度の税制改正により新たに創設された制度で、社会貢献活動に取り組む団体への寄附を目的とした信託です。特定寄附信託契約にもとづき、寄付者が信託元本を信託銀行等に信託すると、寄付者が指定した寄附先に対して、毎年1回、信託元本が分割され寄附されます。

特定寄附信託の運用収益は非課税となる税制上のメリットがあり、運用収益は、信託元本とあわせて全て寄附先に寄附されます。

寄附先は、公益法人・学校法人・認定特定非営利活動法人(認定NPO)などの団体を指定することができます。 寄附先からは寄附受領証や、活動状況のレポートなどが送られてきますので、定期的に活動内容の報告が受けられます。

特定寄付信託の申込

最寄りの信託銀行にお申込みください。その際に、「(公財)日本障害者リハビリテーション協会」をご指定下さい。

信託期間

信託期間は5年以上10年以下です。(信託銀行によっては、5年または10年で指定するところもあります。寄附は毎年1回で、継続的に寄附することができますので、長く活動を支援できます。

税制上のメリット

特定寄附信託で運用した収益は非課税となり、運用収益は信託元本とあわせて寄附先に寄附されます。また、信託元本については寄附金控除の対象となります。寄附金控除を受けるには、確定申告が必要です。

留意点

特定寄付信託のご利用は個人に限られます。

信託銀行などと特定寄付信託契約を締結する必要があります。

契約締結後は特定寄付信託申告書などを提出する必要があります。

原則として、解約はできません。この信託を設定された方がお亡くなりになった場合には、信託は終了し、あらかじめ信託銀行等に指定した団体に信託財産の全額が寄付されます。

寄付に関するお問い合わせ
電話:03-5273-0894

「ご寄付について」ページへ