Skip navigation.
 

”障害者のリハビリテーションに関する調査研究と国際的連携のもとに障害者のリハビリテーション事業を振興することを目的としています。”

 

障害者団体等との協力

1.「日本障害フォーラム(JDF)」への参加と協力

http://www.normanet.ne.jp/~jdf/

2004(平成16)年に障害者団体を中心として設立した日本障害フォーラム(JDF)は、現在12団体により活動を続けています。

2006年12月に、国際連合において障害者権利条約が採択されたことを受け、国内における条約履行の推進活動や、これに向けた国内法制度の総点検、ならびに国民各層の啓発にかかるキャンペーン活動を推進しています。

また、「アジア太平洋障害者の十年(2003~2012年)」の推進も、その目的の一つです。

当協会は、JDF構成団体の1つとして事務局を務めるとともに、3つの専門委員会の1つである「国際委員会」の事務局を担当し、その活動を進めています。

障害者権利条約の冊子

JDFの事業

JDFが取り組んでいる事業は主に以下の4つです。事業推進のための専門委員会を設け、活動しています。

  1. 障害者権利条約の推進
  2. 第二次「アジア太平洋障害者の十年」の推進および「アジア太平洋障害フォーラム(APDF)に関すること
  3. 「障害者基本計画」をはじめとするわが国の障害者施策の推進
  4. 障害者の差別禁止と権利に係わる国内法制度の実現
JDFセミナーやフォーラムの様子

2.日本障害者協議会(Japan Council on Disability : JD)への参加と協力

http://www.jdnet.gr.jp/

JDは、「国際障害者年」(1981年)の前年に設立された「国際障害者年日本推進協議会」を前身とし、「国連・障害者の十年」(1983年~1992年)終了後に改称して活動を継続している全国団体です。障害種別(身体障害、知的障害、精神障害、重度重複障害、難病等)や組織構成(障害者・家族の団体、各種施設協議会、福祉・医療専門職団体、学会等)等が異なる全国的な障害者及び障害関係団体の連合体として、67団体が加盟しています。

当協会では、正会員として加盟するとともに、情報誌「すべての人の社会」の発行協力はじめ、各種活動を支援しています。

情報誌「すべての人の社会」表紙

3.障害者放送協議会への参加と協力

http://www.normanet.ne.jp/~housou/

本協議会は、平成10年に発足し、現在は21の障害者関係団体で構成されています。障害者の放送に関する著作権等の制度・施策についての調査研究と提言、障害者にかかわる放送に対する顕彰やコンサルティング、字幕や手話の付与、音声解説等の放送におけるバリアフリーの実現、緊急災害時における障害者に対する情報提供、放送のあり方の調査研究と提言等を活動目的としています。

本協議会は、3つの委員会と代表・副代表・各委員長・事務局による幹事会から組織され、当協会は構成団体の1つとして活動を行うとともに、事務局を担当しています。

障害者放送協議会セミナーの様子

(1)著作権委員会

障害者にかかわる著作権問題等について、調査・研究及び関係機関と協議を重ね、「障害者の情報アクセス権」と著作権の調和ある発展についての提言を行っています。

(2)放送・通信バリアフリー委員会

デジタルテレビ放送をはじめとする放送・通信のバリアフリーを実現するため、放送局、企業、関係省庁との協力関係の構築を推進しています。

(3)災害時情報保障委員会

緊急放送等における著作権の問題、精神障害者、知的障害者や発達障害者の方にも分かり易い放送の実現等、緊急災害時における障害者に対する情報保障に取り組んでいます。

障害者放送協議会セミナーの様子