”障害者のリハビリテーションに関する調査研究と国際的連携のもとに障害者のリハビリテーション事業を振興することを目的としています。”

 

当協会の動き

リハビリテーション協会からのお知らせです。

8月20日:障害保健福祉研究情報システム(DINF)メールマガジン第12号発行

障害者の保健と福祉に関わる研究を支援するための情報サイト”障害福祉研究情報システム(DINF)”では、メールマガジン第12号を発行いたしました。

今回の注目記事として、「ディスレクシア」をご紹介しています。
ディスレクシアは、知的な遅れはないけれども、読んだり書いたりすることが苦手な人たちのことをいいます。
(財)日本障害者リハビリテーション協会では以前より、ディスレクシアを始めとする学習障害の方々への情報支援普及の活動を行なっており、DINFにおきましても、ディスレクシアに関する記事(ディスレクシアの人への録音図書のサービス等)を数多くご紹介しています。

DINFメールマガジンは下記URLで申込みをお受けしています。
ご興味をお持ちいただけましたらぜひお申込み下さい。
「DINFメルマガ(不定期)登録フォーム」

8月20日:サーバーメンテナンス終了しました。

平成19年8月16日(木曜)21時から17日(金曜)14時まで実施いたしましたサーバーメンテナンスは予定通り、無事、終了いたしました。サービスご利用の皆様のご理解とご協力に感謝いたします。

財団法人 日本障害者リハビリテーション協会関係者一同

8月14日:サーバメンテナンスによるサービス停止のお知らせ(16日:21時~17日:14時)

サーバメンテナンスによるサービス停止のお知らせ

サービス停止期間
平成19年8月16日(木曜)21時から17日(金曜)14時まで

この期間は、

○当協会のメールアカウント(dinfアカウント)によるメールの送受信はできません。
○メーリングリスト(@dinf.ne.jp及び@list.jsrpd.jp)からのメールが配信されません。
○(財)日本障害者リハビリテーション協会が運営する下記のページを中心とした全てのページの閲覧が出来ません。

・(財)日本障害者リハビリテーション協会 ウェブサイト
http://www.jsrpd.jp/
・障害者情報ネットワーク ノーマネット
http://www.normanet.ne.jp/
・障害保健福祉研究情報システム
http://www.dinf.ne.jp/

ご迷惑をおかけし恐縮ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

7月30日:DAISYの紹介DVD「ENJOY!DAISY」 実費でご提供のお知らせ

(財)日本障害者リハビリテーション協会は、平成18年度に独立行政法人 福祉医療機構(長寿社会福祉基金)より助成を受け、様々な障害の方に対応が可能なシステム:DAISY(アクセシブルな情報システム)を紹介したDVDを製作いたしました。

「DAISY」は、大きくわけると「音声のみのDAISY」「マルチメディアDAISY」の2つに分けられ、このDVDでは主に「マルチメディア DAISY」にスポットをあてて紹介しています。「マルチメディアDAISY」は、音声と映像、文章をシンクロさせて表示するアクセシブルな情報システムです。

視覚障害、失語症、知的障害、学習障害の人々が実際どのようにマルチメディアDAISYを活用しているか、 また、世界標準規格であるDAISYの世界での取り組みや、製作・再生用ツールも合わせてご紹介しております。

当初は、数に限りがありご希望の皆様のご期待に十分にお応え出来ませんでしたが、この度、増版を行い、製作実費(1,400円)+200円(郵送代)にてご提供をさせていただくことになりました。

詳しくはホームページをご参照下さい。

7月30日:国際障害者支援シンポジウム(9/15日開催)

当協会では、財団法人広げよう愛の輪運動基金と共催で、国際障害者支援シンポジウムを開催いたします。

国際障害者支援シンポジウム
-途上国の障害分野における人材育成の必要性と効果、及び援助機関のかかわり方-
日時:平成19年9月15日(土) 10時~16時30分
会場:東京簡易保険会館 ゆうぽうと 7階 重陽の間

午前は、ネパールとパキスタンからの報告を受け、午後は午前の報告者に加え、世界銀行やJICA、日本財団、自立生活センターの方々をパネリストに迎え、「途上国の障害分野における人材育成の必要性と効果、及び援助機関のかかわり方」と題して、パネルディスカッションを計画しています。質疑応答の時間も充分設けています。

皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

7月27日:障害福祉研究情報システム(DINF)メールマガジン第11号発行

障害者の保健と福祉に関わる研究を支援するための情報サイト”障害福祉研究情報システム(DINF)”では、メールマガジン第11号を発行いたしました。

今回の「コンテンツの紹介」では、(財)日本障害者リハビリテーション協会で配布・公開しているマルチメディアDAISY図書を改めてご紹介しています。

DAISY図書は、視覚障害の方々向けの(録音)図書として劣化がはげしいテープに変わってデジタルで提供する録音図書のシステムであり、デジタル録音図書の世界標準です。

現在は、音声のみのDAISYのみならず、パソコンで対応し、音声とともに、画像と文章を同時にシンクロさせて表示できるマルチメディアDAISYが登場し、視覚障害、知的障害、学習障害など様々な障害者、高齢者の人にも、有効であることがわかってきました。

「どのような障害があっても、本を読むことを楽しめる。」これがDAISYの目指すコンセプトです。

当協会では、マルチメディアDAISY付きの絵本(スウェーデンの知的障害のある若い女性の恋の物語です。 )を出版したり、株式会社世界文化社のご協力を得て、ワンダー民話館「はなさかじい」「ねずみのよめいり」のマルチメディアDAISY化を行なうなど、様々な取り組みを行なっております。

DINFメールマガジンは下記URLで申込みをお受けしています。
ご興味をお持ちいただけましたらぜひお申込み下さい。

「DINFメルマガ(不定期)登録フォーム」

6月29日:障害福祉研究情報システム(DINF)メールマガジン第10号発行

障害者の保健と福祉に関わる研究を支援するための情報サイト”障害福祉研究情報システム(DINF)”では、メールマガジン第10号を発行いたしました。

今回のコンテンツの紹介として、「IFLA(国際図書館連盟)の世界の録音点字図書館の要覧」を取り上げています。

当協会は視覚障害、知的障害、学習障害など様々な障害者・高齢者の人に、有効であるといわれているデジタル録音図書の国際標準:DAISY(アクセシブルな情報システム)の普及を行なっているという立場より、IFLA(国際図書館連盟)の会員になっています。

IFLAの会員としては、
「図書館利用において不利な立場にある人々へのサ-ビスに関する分科会」や
「視覚障害者図書館分科会」
の活動に積極的に参加を行い情報を収集し、DINFでコンテンツを公開しています。

また、現在行なっているIFLA関係の業務のひとつとして、"IFLA(国際図書館連盟)の世界の録音点字図書館の要覧"の更新・管理があります。
こちらは、LBSが発行している世界の録音点字図書館の要覧で、図書の国際的な相互貸借を円滑にすることを目的に製作されました。
各図書館の所在地等の基本情報や媒体別(録音、点字、DAISY、大活字、E-text)の所蔵冊数などを見ることができます。

お近くに視覚障害者等図書館サービスの関係の方がいらっしゃいましたら、
このDirectoryのことをご紹介いただけましたら幸いです。

DINFメールマガジンは下記URLで申込みをお受けしています。
ご興味をお持ちいただけましたらぜひお申込み下さい。
「DINFメルマガ(不定期)登録フォーム」

6月25日:厚生労働科学研究障害保健福祉総合研究推進事業第3次募集要領更新

 政府の「障害者基本計画重点施策実施5か年計画」に基づき、厚生労働省は平成15年度を初年度として、障害保健福祉政策の総合的推進をすすめております。
 その一環として、(財)日本障害者リハビリテーション協会は研究基盤充実のための支援団体として、厚生労働省の委託を受けて「障害保健福祉総合研究推進事業」を実施致しております。本事業は、外国人研究者招へい、外国への日本人研究者派遣、外国の研究機関等への委託、若手研究者育成活用(リサーチ・レジデント)及び研究成果発表会の5つからなります。 

本日、外国への日本人研究者派遣事業の募集要領を更新いたしました。
応募締切は、平成19年8月10日(金)必着 となっております。

申請資格は当該研究の障害保健福祉総合研究事業の主任研究者又は分担研究者の推薦する方に限られておりますが、是非ご活用頂きたくご案内申し上げます。

6月12日:平成19年度情報公開更新

(財)日本障害者リハビリテーション協会は、平成19年度情報公開(事業予算書・事業計画書)を更新しました。

6月8日:障害福祉研究情報システム(DINF)メールマガジン第9号発行

障害者の保健と福祉に関わる研究を支援するための情報サイト”障害福祉研究情報システム(DINF)”では、メールマガジン第9号を発行いたしました。

今回の注目記事として、「国連世界情報社会サミット(WSIS)後の動き」をご紹介しています。

WSISは知識へのアクセスに関し、豊かな国と貧しい国の格差を減らすための
解決策を提供することを目的とし、ICT(情報通信技術)の活用をテーマとした世界初のサミットです。

(財)日本障害者リハビリテーション協会は、<障害者がICT開発プロセスから取り残されないように>という視点でWSISに積極的に参加し、DINFでは、障害者コーカスの動向と障害者グローバル・フォーラムを中心にまとめています。

DINFメールマガジンは下記URLで申込みをお受けしています。
ご興味をお持ちいただけましたらぜひお申込み下さい。
「DINFメルマガ(不定期)登録フォーム」

ページ

RSS - 当協会の動き を購読
公益財団法人 日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1 電話: 03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
Copyright c 2006-2015 (公財)日本障害者リハビリテーション協会(JSRPD) All Rights Reserved.