Skip navigation.
 

”障害者のリハビリテーションに関する調査研究と国際的連携のもとに障害者のリハビリテーション事業を振興することを目的としています。”

 

遺産のご寄付「遺贈」

遺贈とは、遺言によりご自分の財産を他の者に与える事を言います。
相続でのトラブルを避けて、遺産の一部を社会福祉のために役立てて欲しいとの
思いを実現することができます。

当協会では、遺贈によるご寄付を承っております。
障害者のリハビリテーション支援の為に役立てて欲しいとお考えでしたら、
是非、遺言書を作成する際に、受取先を日本障害者リハビリテーション協会と
ご指定頂けましたら幸いでございます。

遺言書作成にあたっては、弁護士や司法書士または信託銀行などの専門家の方に
相談されることをお勧めいたします。
お心当たりがなければ、当協会にご連絡ください。

寄付に関するお問い合わせ
電話:03-5273-0894

「ご寄付について」ページへ