”障害者のリハビリテーションに関する調査研究と国際的連携のもとに障害者のリハビリテーション事業を振興することを目的としています。”

 

刊行物バックナンバー

No.169

リハビリテーション研究

季刊誌
リハビリテーション研究
No.169

【特集】
総合リハビリテーションのチームメンバー:歴史・現在・将来 第2部

  • 特集①
    看護師(草刈淳子)
  • 特集②
    社会福祉士(鎌倉克英)
  • 特集③
    精神保健福祉士(大野和男)
  • 特集④
    薬剤師(寺山善彦)
  • 特集⑤
    視能訓練士(南雲幹)
  • 特集⑥
    介護支援専門員(能本守康)
  • 特集⑦
    特別支援教育に従事する専門職(加瀬進)
  • 特集⑧
    職業リハビリテーションに従事する専門職(金文華)

No.168

リハビリテーション研究

季刊誌
リハビリテーション研究
No.168

【特集】
総合リハビリテーションのチームメンバー:歴史・現在・将来 第1部

  • 特集①
    特集に当たって(大川弥生)
  • 特集②
    リハビリテーション科医の歴史と課題(千田益生、田島文博、佐々木信幸、花山耕三、沖井明、近藤国嗣、朝貝芳美、古澤一成、久保俊一)
  • 特集③
    歯科医師と関連職種(歯科衛生士・歯科技工士)(尾﨑哲則)
  • 特集④
    理学療法士(斉藤秀之)
  • 特集⑤
    作業療法士(清水順市)
  • 特集⑥
    言語聴覚士(立石雅子)
  • 特集⑦
    保健師(鈴木良美)
  • 特集⑧
    臨床心理士(亀口憲治)
  • 特集⑨
    介護福祉士(石本淳也)
  • 報告
    リハビリテーションの専門職間連携教育と協働に関する近年の動向(八重田淳)

No.166

リハビリテーション研究

季刊誌
リハビリテーション研究
No.166

【特集】
第38回総合リハビリテーション研究大会 総合リハビリテーションの深化を求めて―明日から一歩を踏みだそう―

  • 特集①
    第38回総合リハビリテーション研究大会 開催趣旨(木村伸也)
  • 特集②
    基調講演 協働的コミュニケーションからはじめる総合リハビリテーション―私たちに求められるもの―(木村伸也)
  • 特集③
    講演 障害者をめぐる動向 国際動向―ポスト2015年開発アジェンダおよび権利条約の各国履行状況を中心に―(松井亮輔)
  • 特集④
    講演 障害者をめぐる動向 国内動向(藤井克徳)
  • 特集⑤
    特別講演Ⅰ ソーシャルファーム―総合リハビリテーションとしての日本での展開―(炭谷茂)
  • 特集⑥
    パネルディスカッション 生活機能向上にむけたサービスと相互の連携:総合リハビリテーションとしてのあり方を考える(高岡徹)
  • 特集⑦
    特別講演Ⅱ 地域包括ケアと総合リハビリテーション(三浦公嗣、大川弥生)
  • 特集⑧
    シンポジウム 当事者が主役となって働くための支援のあり方―総合リハビリテーションの観点から(原和子)
  • 特集⑨
    特別講演Ⅲ 私の子育てと医療・福祉への期待(野田聖子、木村伸也)

No.165

リハビリテーション研究

季刊誌
リハビリテーション研究
No.165

【特集】
障害者権利条約の実施状況の評価と論点-26か国への総括所見から―

  • 特集①
    本企画の趣旨(佐藤久夫)
  • 特集②
    障害のとらえ方(第1条)(佐藤久夫)
  • 特集③
    差別禁止(第5条)(増田公香)
  • 特集④
    法的能力(第12条)(柴田洋弥)
  • 特集⑤
    自立した生活及び地域生活への包容(第19条)(高田明子)
  • 特集⑥
    教育(第24条)(徳永亜希雄、齊藤博之、堺裕、田中浩二、逵直美、山元薫)
  • 特集⑦
    リハビリテーション(第26条)(上田敏)
  • 特集⑧
    労働及び雇用(第27条)(松井亮輔)

No.164

リハビリテーション研究

季刊誌
リハビリテーション研究
No.164

【特集】
東京オリンピック・パラリンピックへ向けた、新たな福祉まちづくり

  • 特集①
    特集にあたって(八藤後猛)
  • 特集②
    1964年東京パラリンピックから続く今(吉田紗栄子)
  • 特集③
    1964年パラリンピック前後のわが国の総合リハビリテーション―その源流と発展―(上田敏)
  • 特集④
    オリンピック・パラリンピックにおける福祉のまちづくり~ロンドンから東京へ~(秋山哲男)
  • 特集⑤
    ロンドンオリンピック・パラリンピックと公共交通機関のバリアフリー(竹島恵子、澤田大輔)
  • 特集⑥
    東京国際空港ターミナルにおける2020に向けたバリアフリー情報提供の準備状況(海保裕一、金丸直義、秋山哲男、久原勇作)
  • 特集⑦
    東京2020パラリンピック競技大会を共生社会実現の契機に(仲前信治)
  • 特集⑧
    IPCアクセシビリティガイドから見た日本の競技施設の現状と課題(川内美彦)
  • 特集⑨
    わが国における「障害者スポーツの練習環境」の現状と2020年に向けて(前田有香)

No.163

リハビリテーション研究

季刊誌
リハビリテーション研究
No.163

【特集】
Shared Decision Making(共同意思決定)と精神科リハビリテーション

  • 特集①
    特集にあたって(福井里江)
  • 特集②
    精神保健サービスにおけるShared Dicision Making―現状と課題―(山口創生)
  • 特集③
    精神医療におけるShared Dicision Making と意思決定支援(青木裕見、渡辺衡一郎)
  • 特集④
    リカバリー志向のSDM支援システム『SHARE』の開発(福井里江、伊藤純一郎、ほか)
  • 特集⑤
    SDMの実践におけるピアスタッフの意義と役割(種田綾乃)
  • 特集⑥
    精神科医の育成とSDM(坂田増弘)
  • 特別企画
    日本障害者リハビリテーション協会半世紀のあゆみ 第2回 「総合リハビリテーションをめざして」(上田 敏)

No.162

リハビリテーション研究

季刊誌
リハビリテーション研究
No.162

【特集】
第37回総合リハビリテーション研究大会

  • 特集①
    第37回総合リハビリテーション研究大会 開催趣旨(阿部一彦)
  • 特集②
    講演Ⅰ 障害者をめぐる動向―ポスト2015年開発アジェンダを中心に―(松井亮輔)
  • 特集③
    講演Ⅱ 障害者をめぐる動向―障害者権利条約に焦点を当てて―(藤井克徳)
  • 特集④
    講演Ⅲ 障害保健福祉施策の動向(川又竹男)
  • 特集⑤
    シンポジウムⅠ 総合リハビリテーションに求めるもの―被災地からの発信―(藤井克徳)
  • 特集⑥
    基調講演 宮城県における障害者支援―地域の障害当事者活動の巻き込み力―(阿部一彦)
  • 特集⑦
    シンポジウムⅡ 「社会参加」向上に向けた総合リハビリテーションのあり方 第1部 (矢本聡)
  • 特集⑧
    シンポジウムⅡ 「社会参加」向上に向けた総合リハビリテーションのあり方 第2部 (木村伸也)
  • 特別企画
    日本障害者リハビリテーション協会半世紀のあゆみ 第1回 「創立の経緯と今日までのあゆみ」(奥野英子)

No.161

リハビリテーション研究

季刊誌
リハビリテーション研究
No.161

【特集】
難病をめぐる政策動向とリハビリテーション

  • 特集①
    本企画の趣旨(佐藤久夫)
  • 特集②
    難病と社会―病気と共に生きられる社会へ―(上出杏里、橋本圭司、五十嵐隆)
  • 特集③
    難病法及び児童福祉法改正法の内容(厚生労働省健康局疾病対策課、雇用均等・児童家庭局母子保健課)
  • 特集④
    難病法成立に至る患者運動と今後の課題(はむろおとや)
  • 特集⑤
    難病法の評価と課題(青木志帆、NPO法人線維筋痛症友の会)
  • 特集⑥
    (神経難病)筋萎縮性側索硬化症(ALS)のリハビリテーションを「新しいALS観」から考える(林秀明、本間里美、岡部宏生)
  • 特集⑦
    難病患者の雇用と職業リハビリテーション(春名由一郎)
  • 講座「障がい者制度改革」の軌跡 第3回
    障害者福祉の改革:障害者総合支援法(佐藤久夫)

No.160

リハビリテーション研究

季刊誌
リハビリテーション研究
No.160

【特集】
医療従事者をめざす障害学生への支援―現状と課題―

  • 特集①
    本企画の趣旨と概要(寺山久美子)
  • 特集②
    障害学生への医学教育支援の経験と課題(垰田和史)
  • 特集③
    医療従事者をめざす障害学生への支援の現状と課題―筑波大学における聴覚障害学生への支援事例をもとに―(田原敬、有海順子、和田哲郎、久賀圭祐、竹田一則)
  • 特集④
    看護系学科における障害学生の就労を見据えた教育の実現可能性(栗原房江)
  • 特集⑤
    言語聴覚士をめざす聴覚障害学生への支援―教育現場の現状と課題―(髙橋泰子)
  • 特集⑥
    当事者としての立場から 視覚障害をもつ医療従事者への道のり―視覚障害学生から各ステップで体験したバリア―(大里晃弘)
  • 特集⑦
    実習における障害学生支援の課題―群馬大学における聴覚障害学生の教育実習の支援から―(金澤貴之)
  • 特集⑧
    医療従事者と障害者欠格条項(臼井久実子)
  • 講座「障がい者制度改革」の軌跡 第2回
    障害者基本法の改正と「障害」表記の検討(佐藤久夫)

No.159

リハビリテーション研究

季刊誌
リハビリテーション研究
No.159

【特集】
発達障害者とライフステージに応じた支援―その現状と課題―

  • 特集①
    発達障害者への支援の遅れを克服し、その拡充を実現するために 松矢勝宏
  • 特集②
    発達障害者施策の展開(総論) 大塚 晃
  • 特集③
    発達障害乳幼児の理解と支援を考える 加藤正仁
  • 特集④
    学齢期における発達障害児童・生徒の支援 樋口一宗
  • 特集⑤
    高等学校における特別支援教育の取り組み、事例として 竹原勝博
  • 特集⑥
    大学における発達障害のある学生への支援―現状と課題― 高橋知音
  • 特集⑦
    職業リハビリテーションと発達障害―学校から職業への移行をめぐって― 望月葉子
  • 海外の文献から
    リハビリテーション・インターナショナル:90年の歴史(1922‐2012) 奥野英子

ページ

RSS - reha_magazine を購読
公益財団法人 日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1 電話: 03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
Copyright c 2006-2015 (公財)日本障害者リハビリテーション協会(JSRPD) All Rights Reserved.