”障害者のリハビリテーションに関する調査研究と国際的連携のもとに障害者のリハビリテーション事業を振興することを目的としています。”

 

当協会の動き

リハビリテーション協会からのお知らせです。

【9月21日(金)、22日(土)開催】第35回総合リハビリテーション研究大会

第35回総合リハビリテーション研究大会
総合リハビリテーションの新生をめざして Ⅲ
~地域での実践から~

日時:2012年9月21日(金)~9月22日(土)

会場:障害者スポーツ文化センター横浜ラポール(横浜市北区鳥山町1752)
   横浜市総合リハビリテーションセンター(神奈川県横浜市港北区鳥山町1770)〔22日分科会〕

参加費:一般3,000円、学生1,000円

主催:公益財団法人日本障害者リハビリテーション協会

後援:(順不同・依頼中)
   内閣府、厚生労働省、文部科学省、国土交通省、経済産業省、消費者庁、
   社会福祉法人全国社会福祉協議会、独立行政法人高齢・障害者雇用支援機構、
   日本障害フォーラム、公益社団法人日本リハビリテーション医学会、
   公益社団法人日本理学療法士協会、一般社団法人日本作業療法士協会、
   一般社団法人日本言語聴覚士協会

生涯学習:日本理学療法士協会認定及び専門理学療法士履修ポイント取得可能(10ポイント)
       日本作業療法士協会生涯教育制度ポイント取得可能(1日1ポイント)

7月24日:障害保健福祉研究情報システム(DINF)メールマガジン第70号発行

障害者の保健と福祉に関わる研究を支援するための情報サイト
”障害保健福祉研究情報システム(DINF)”では、
メールマガジン第70号を発行いたしました。

「新着情報(2012年6月29日~7月24日)」、
「平成24年度パソボラ研修のご案内」、
「ウェブ担当者コラム」をお送りしました。

DINFメールマガジンは下記URLで申込みをお受けしています。
ご興味をお持ちいただけましたらぜひお申込み下さい。
「DINFメルマガ(不定期)登録フォーム」

6月28日:障害保健福祉研究情報システム(DINF)メールマガジン第69号発行

障害者の保健と福祉に関わる研究を支援するための情報サイト
”障害保健福祉研究情報システム(DINF)”では、
メールマガジン第69号を発行いたしました。

「新着情報(2012年5月25日~2012年6月28日)」と
「セミナー案内」、「第22回RI世界会議のご案内」、
「『リハビリテーション研究』最新号(151号)のご案内」をお送りしました。

DINFメールマガジンは下記URLで申込みをお受けしています。
ご興味をお持ちいただけましたらぜひお申込み下さい。
「DINFメルマガ(不定期)登録フォーム」

6月15日:会長就任のお知らせ

会長に炭谷茂氏が就任しました。

5月24日:障害保健福祉研究情報システム(DINF)メールマガジン第68号発行

障害者の保健と福祉に関わる研究を支援するための情報サイト
”障害保健福祉研究情報システム(DINF)”では、
メールマガジン第68号を発行いたしました。

「新着情報(2012年4月27日~2012年5月24日)」と「セミナー案内」をお送りしました。

DINFメールマガジンは下記URLで申込みをお受けしています。
ご興味をお持ちいただけましたらぜひお申込み下さい。
「DINFメルマガ(不定期)登録フォーム」

【5月25日(金)開催】国際セミナー「アメリカから日本へ、そして今、アジアの国々へ」

国際セミナー
「アメリカから日本へ、そして今、アジアの国々へ」
-障害分野における人材育成の在り方から考える-

アメリカで学んだ日本の障害者たちが日本の社会を変えてきたように、今、アジアの障害者たちが日本で学び、自分たちの国の社会を変えつつある。それらの背景にあるのが、日本の援助団体が実施している人材育成事業である。
国際障害者年から30年、今、求められるリーダーとは、次世代のリーダーたちの思いとは、このような側面から人材育成の在り方を考える。

日時:平成24年5月25日(金)
   ①セミナー:10時~17時 (受付:9時半開始) ②交流会:18時~20時

主催:公益財団法人 日本障害者リハビリテーション協会

会場:日本財団ビル 2階 大会議室A (申込用紙の地図をご参照ください)
   〒107-8404 東京都港区赤坂1-2-2

プログラム:
受付(09:30-10:00)
開会(10:00-10:20)
基調講演「求められる障害者リーダー像」(10:20-10:50)
  ラーニー・パトリック(アクセスリビングCILディレクター)
特別講演「障害分野におけるリーダー育成の効果」(10:55-11:25)
  ジュディ・ヒューマン(米国国務省 障害分野特別顧問)
事例報告「アメリカで学び育った日本の障害者リーダーたち」(11:30-12:15)
  ・ダスキン愛の輪基金:谷合文広(事務局長)
    平野みどり(熊本県議会議員)
  ・日本財団:石井靖乃(国際協力グループ グループ長)
    岡田孝和(日本社会事業大学 聴覚障害者大学教育支援プロジェクト プロジェクトマネージャー)
パネルディスカッション(13:30-15:40)
「アメリカから日本へ、そして今アジアの国々へ
~次世代を担うリーダーたちの決意~」
  パネラー
   ・シャフィク・ウル・ラフマン(パキスタン)
   ・リン・チュン・チェ(台湾)
   ・オンダラフバヤール・チョロンダワ(モンゴル)
   ・光岡芳宏(ヒューマンケア協会)
   ・内村恵美(自立生活夢宙センター)
  コメンテーター
   ・ジュディ・ヒューマン
   ・ラーニー・パトリック
  ファシリテーター
   ・長瀬修(立命館大学)
質疑応答(16:00-16:30)
まとめ(16:30-16:50)
閉会(16:50-17:00)

問合先:
日本障害者リハビリテーション協会 研修課
〒162-0052東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0633 FAX:03-5273-1523 Email:inquiry@dinf.ne.jp

4月27日:障害保健福祉研究情報システム(DINF)メールマガジン第67号発行

障害者の保健と福祉に関わる研究を支援するための情報サイト
”障害保健福祉研究情報システム(DINF)”では、
メールマガジン第67号を発行いたしました。

「新着情報(2012年4月11日~2012年4月26日)」と「セミナー案内」、
「ウェブ担当者コラム」をお送りしました。

DINFメールマガジンは下記URLで申込みをお受けしています。
ご興味をお持ちいただけましたらぜひお申込み下さい。
「DINFメルマガ(不定期)登録フォーム」

4月10日:障害保健福祉研究情報システム(DINF)メールマガジン第66号発行

障害者の保健と福祉に関わる研究を支援するための情報サイト
”障害保健福祉研究情報システム(DINF)”では、
メールマガジン第66号を発行いたしました。

「新着情報(2012年3月27日~2012年4月10日)」と「セミナー案内」をお送りしました。

DINFメールマガジンは下記URLで申込みをお受けしています。
ご興味をお持ちいただけましたらぜひお申込み下さい。
「DINFメルマガ(不定期)登録フォーム」

3月26日:障害保健福祉研究情報システム(DINF)メールマガジン第65号発行

障害者の保健と福祉に関わる研究を支援するための情報サイト
”障害保健福祉研究情報システム(DINF)”では、
メールマガジン第65号を発行いたしました。

目次は次の通りです。

------------------------------------------------------

【1】新着情報(2012年1月25日~2012年3月26日)

【2】『リハビリテーション研究』最新号(150号)のご案内

【3】ウェブ担当者コラム

------------------------------------------------------

DINFメールマガジンは下記URLで申込みをお受けしています。
ご興味をお持ちいただけましたらぜひお申込み下さい。
「DINFメルマガ(不定期)登録フォーム」

【2月29日(水)開催】JANNET研究会 「スリランカのCBR」

JANNET研究会
スリランカのCBR
- CBRマトリックスで見てみよう!-

日時:2012年2月29日(水)午後6時~9時
会場:戸山サンライズ、2階大会議室

【趣旨】
JANNET(障害分野NGO連絡会)では1993年の設立以来、CBR*(地域に根ざしたリハビリテーション)を様々な角度から取り上げて研究会を開催してきました。CBRガイドラインが2010年にWHO等によって発表され、CBRの目的は地域でのインクルーシブ開発(CBID**)の促進である、と明記されました。CBIDは、関係者がより広くより確実につながることにより、障害のある人と家族が地域社会で直面する課題の解決に向かっていこうというメッセージと受け止めています。

では具体的にCBRガイドラインとガイドライン作成のプロセスで作られた、CBRマトリックスをどのようにみればいいのか、スリランカのCBRの報告から講師・リソースパースンといっしょに考えてみませんか。後半では、日本の地域福祉でCBRに近い活動例を基に、CBRの考え方が日本のコミュニティではどう役に立つのかを松本と愛知県の取り組みから考えてみたいと思います。

ディスカッションの時間もありますので皆様の積極的なご参加をお待ちしています。

注:
* CBR=Community-based Rehabilitation
** CBID=Community-based Inclusive Development

【参加費】
JANNET会員一人1,000円。非会員1,500円。学生500円。(当日集めます。)

【情報サービス】
日本手話通訳、ノートテイカー、点字プログラム等を用意します。
ご希望の方はお申し込みの際お知らせください。

【お問合わせ及びお申込み先】
JANNET事務局(上野、佐々木)  電話: 03-5292-7628、Fax: 03-5292-7630
E-mail: sasaki.yuka@dinf.ne.jp

ページ

RSS - 当協会の動き を購読
公益財団法人 日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1 電話: 03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
Copyright c 2006-2015 (公財)日本障害者リハビリテーション協会(JSRPD) All Rights Reserved.