”障害者のリハビリテーションに関する調査研究と国際的連携のもとに障害者のリハビリテーション事業を振興することを目的としています。”

 

当協会の動き

リハビリテーション協会からのお知らせです。

11月15日:障害保健福祉研究情報システム(DINF)メールマガジン第73号発行

障害者の保健と福祉に関わる研究を支援するための情報サイト
”障害保健福祉研究情報システム(DINF)”では、
メールマガジン第73号を発行いたしました。

・新着情報(2012年10月12日~11月15日)
・セミナーのご案内
をお送りしました。

DINFメールマガジンは下記URLで申込みをお受けしています。
ご興味をお持ちいただけましたらぜひお申込み下さい。
「DINFメルマガ(不定期)登録フォーム」

国際リハビリテーション協会総会に会長が出席

10月29日(月)国際リハビリテーション協会の4年に1回の総会に
当協会の会長が出席しました。開催場所は韓国インチョンです。

歓迎レセプションには、国連のパン・ギムン事務総長夫妻も来賓で
来られました。

炭谷会長

【11月23日(金・祝)開催】障害者放送協議会シンポジウム 障害者と放送の将来

障害者放送協議会シンポジウム
障害者と放送の将来

●主催 (公財)日本障害者リハビリテーション協会/障害者放送協議会●
         埼玉県民共済生活協同組合 助成事業

日時 2012年11月23日(金・祝日)10時00分~16時00分

会場 戸山サンライズ 2階 大中会議室
     (東京都新宿区戸山1-22-1)

参加費 無料

開催趣旨

 「デジタル放送時代の視聴覚障害者向け放送の充実に関する研究会」報告書が出され、「視聴覚障害者向け放送普及行政の指針(平成20~29年)」の中間見直しが行われた。

同研究会で明らかになったことの中には、5.1チャンネルサラウンド放送番組には視覚障害者向けの解説放送がつけられないために、5.1チャンネルサラウンド放送が増えれば増えるほど解説放送の枠が狭くなっていくこと、テレビ番組に手話通訳の数値目標を設定することについてはなお慎重な意見が強いことなどがあり、このたびの見直し作業において、障害者の情報保障という観点から、新たな課題も浮かび上がっている。

今後の取り組みとしては、次回の指針の改訂や、現在議論が行われている来年度からの新たな障害者基本計画も視野に入れ、審議会など諮問機関の一歩先を行く提案をしていくことが必要である。

そこで、今回のシンポジウムでは、放送における情報保障の進展に向けて、今後の活動の方向づけをできるような知見を集めることを目的とする。

プログラム(順不同・敬称略)

10:00 開会挨拶

10:10 ●特別報告「すべてのひとの放送とするための今後の取り組みについて」
        吉井 勇(月刊ニューメディア編集長)

11:00 ●放送行政の取組
        長塩 義樹(総務省 情報流通行政局 地上放送課長)

11:30 ●「デジタル放送時代の視聴覚障害者向け放送の充実に関する研究会」報告書と「行政指針」の見直しについて
        高岡 正(全日本難聴者・中途失聴者団体連合会理事長)

12:00 休憩

13:00 ●障害者にとって今後の放送のあるべき姿 ~当事者・関係者からの提言~

       1.野々村 好三(全国視覚障害者情報提供施設協会 情報アクセシビリティ検討プロジェクト委員長)
       2.浅利 義弘(全日本ろうあ連盟理事)
       3.大嶋 雄三(CS障害者放送統一機構専務理事)

14:00 休憩

14:15 ●パネルディスカッションと参加者との交流

16:00 閉会

*プログラムは変更する場合があります。

●お申し込み、問い合わせ●
申込用紙に必要事項をご記入のうえ、11月16日(金)までにFAX、Eメール、または電話にて下記の連絡先までお申し込みください。
(受付票・参加証などはお送りいたしません)

事務局(日本障害者リハビリテーション協会内)

電話:03-5292-7628  FAX:03-5292-7630  E-mail: housou.info@gmail.com

10月11日:障害保健福祉研究情報システム(DINF)メールマガジン第72号発行

障害者の保健と福祉に関わる研究を支援するための情報サイト
”障害保健福祉研究情報システム(DINF)”では、
メールマガジン第72号を発行いたしました。

・新着情報(2012年8月22日~10月11日)
・読みやすい図書のためのIFLA指針(ガイドライン)改訂版のご紹介
・2012年度CBRセミナーのご案内
・『リハビリテーション研究』最新号(152号)のご案内
をお送りしました。

DINFメールマガジンは下記URLで申込みをお受けしています。
ご興味をお持ちいただけましたらぜひお申込み下さい。
「DINFメルマガ(不定期)登録フォーム」

【10月13日(土)開催】2012年度CBRセミナーのご案内 CBR vs 三方よし

2012年度CBRセミナー
CBR vs 三方よし

日時:2012年10月13日(土)10時-16時
場所:戸山サンライズ(東京都新宿区)2階 大・中会議室

【参加者】100名(先着順に受け付けます。)
      手話通訳、要約筆記、点字プログラムを用意しますので
      必要な方はお申し込みの際にお申し出ください。

【情報サービス】手話通訳、要約筆記、点字プログラム
【参加費】セミナー:無料
      レセプション(セミナー終了後、戸山サンライズ2階特別会議室):一人 約2,000円程度

主催:公益財団法人 日本障害者リハビリテーション協会

8月21日:障害保健福祉研究情報システム(DINF)メールマガジン第71号発行

障害者の保健と福祉に関わる研究を支援するための情報サイト
”障害保健福祉研究情報システム(DINF)”では、
メールマガジン第71号を発行いたしました。

「新着情報(2012年7月25日~8月21日)」、
「第35回総合リハビリテーション研究大会のご案内」、
「パソコンボランティア指導者養成事業 肢体不自由関連特別研修のご案内」を
お送りしました。

DINFメールマガジンは下記URLで申込みをお受けしています。
ご興味をお持ちいただけましたらぜひお申込み下さい。
「DINFメルマガ(不定期)登録フォーム」

【9月21日(金)、22日(土)開催】第35回総合リハビリテーション研究大会

第35回総合リハビリテーション研究大会
総合リハビリテーションの新生をめざして Ⅲ
~地域での実践から~

日時:2012年9月21日(金)~9月22日(土)

会場:障害者スポーツ文化センター横浜ラポール(横浜市北区鳥山町1752)
   横浜市総合リハビリテーションセンター(神奈川県横浜市港北区鳥山町1770)〔22日分科会〕

参加費:一般3,000円、学生1,000円

主催:公益財団法人日本障害者リハビリテーション協会

後援:(順不同・依頼中)
   内閣府、厚生労働省、文部科学省、国土交通省、経済産業省、消費者庁、
   社会福祉法人全国社会福祉協議会、独立行政法人高齢・障害者雇用支援機構、
   日本障害フォーラム、公益社団法人日本リハビリテーション医学会、
   公益社団法人日本理学療法士協会、一般社団法人日本作業療法士協会、
   一般社団法人日本言語聴覚士協会

生涯学習:日本理学療法士協会認定及び専門理学療法士履修ポイント取得可能(10ポイント)
       日本作業療法士協会生涯教育制度ポイント取得可能(1日1ポイント)

7月24日:障害保健福祉研究情報システム(DINF)メールマガジン第70号発行

障害者の保健と福祉に関わる研究を支援するための情報サイト
”障害保健福祉研究情報システム(DINF)”では、
メールマガジン第70号を発行いたしました。

「新着情報(2012年6月29日~7月24日)」、
「平成24年度パソボラ研修のご案内」、
「ウェブ担当者コラム」をお送りしました。

DINFメールマガジンは下記URLで申込みをお受けしています。
ご興味をお持ちいただけましたらぜひお申込み下さい。
「DINFメルマガ(不定期)登録フォーム」

6月28日:障害保健福祉研究情報システム(DINF)メールマガジン第69号発行

障害者の保健と福祉に関わる研究を支援するための情報サイト
”障害保健福祉研究情報システム(DINF)”では、
メールマガジン第69号を発行いたしました。

「新着情報(2012年5月25日~2012年6月28日)」と
「セミナー案内」、「第22回RI世界会議のご案内」、
「『リハビリテーション研究』最新号(151号)のご案内」をお送りしました。

DINFメールマガジンは下記URLで申込みをお受けしています。
ご興味をお持ちいただけましたらぜひお申込み下さい。
「DINFメルマガ(不定期)登録フォーム」

6月15日:会長就任のお知らせ

会長に炭谷茂氏が就任しました。

ページ

RSS - 当協会の動き を購読
公益財団法人 日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1 電話: 03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
Copyright c 2006-2015 (公財)日本障害者リハビリテーション協会(JSRPD) All Rights Reserved.